私はAIG損保が販売する傷害・医療保険について、新商品または改定する商品の約款などの文書の作成、そしてその内容を金融庁に説明し、認可を取得する業務を担当しています。保険というビジネスは保険業法等に基づく適正な運用が求められており、新商品の販売や、商品改定のために欠かせないのが監督官庁である金融庁からの認可です。会社を代表して説明するのですから、失敗は許されないという気持ちで挑みます。どのような質問にも答えられるよう、約款はもちろん、販売手法なども含めた商品に関するあらゆる情報を熟知する必要があります。例えば保険料率に関してはアクチュアリーなど、専門知識を持つ各分野のプロフェッショナルに委ねる部分もありますが、保険商品の全体像を誰よりも理解していなければならない立場にあるのが認可担当者です。そのためには、日々の勉強が欠かせません。だからこそ自分が認可担当として関わった案件について認可が下りた時、そしてその商品が販売されたときの達成感は格別です。

私が所属する傷害・医療保険部は認可や引受だけでなく、マーケット調査や商品企画、IT開発、契約メンテナンス、保険金支払いまで、「商品」に関するすべての業務に関わっています。会社を代表して商品を説明する認可担当者は、そうした業務のすべてに精通し、同時に日々様々な種類の仕事をスピーディーにこなしていく必要があります。そのため、私は自分のすべてのタスクについて優先順位をつけて、限られた時間で最大限の成果が出せるよう常に意識しています。もちろんすべての時間で集中し続けるのは難しいので、計画的にメリハリをつけて働くよう工夫しています。仕事に向かっている時間は常に100%の力を発揮できるよう、自己管理を徹底することが私の仕事スタイルです。

これからも商品部門に所属し、商品のプロフェッショナルになることを目指しています。そのために大切なのはお客さま目線でマーケットを知ることだと思っています。そしていつか、まだ誰も気づいていない潜在的な市場やリスクに着目した、AIGにしか作り出せないイノベーティブな商品を開発することが目標です。若い世代だからこそ生み出せる商品を開発することが、私に期待されていることだと思っています。

※記事内容及び社員の所属は取材当時のものです。