AIGジャパングループでは、日本の将来を担う子どもたちが、自分自身に誇りを持って豊かな個性を発揮できるよう、また自分とは異なる考えやバックグラウンドのある人を尊重できるよう独自のプログラムを設けています。

AIG 高校生外交官プログラム

AIG損害保険では、夏休み期間中に日米の高校生の異文化交流と相互理解を促進する「AIG 高校生外交官プログラム」に協賛しています。国際社会におけるリーダーとして活躍する人材の育成を目的に社会貢献活動の一環として発足させ、30年以上に亘り本プログラムの支援を続けています。

このプログラムには、日本全国から選抜された高校生40名が高校生外交官としてアメリカ東海岸を訪問する渡米プログラム(1987年開始)と米国で選抜された高校生20名が来日する日本プログラム(1994年開始)があります。いずれのプログラムも、無料で参加することができ、日米通算3,600名を超える高校生が参加しています。

このプログラムに共通する最大の特長は、日米の高校生が大学寮などの施設でルームメートとともに約10日間寝食を共に過ごし、互いの好奇心や疑問をぶつけ合う時間が組まれていることです。自身の考えをしっかり伝えることの大切さと難しさを感じる中で、相互に尊重することを学ぶだけでなく将来の進路設計にも大きな刺激と気付きを得ることができます。

プログラムの詳細や、動画での活動記録などはオフィシャルサイトをご参照ください。

http://www.highschooldiplomats.org/index.html

いじめ防止標語コンテスト

AIG損害保険は、2007年の第1回開催から「いじめ防止標語コンテスト」(主催:いじめ防止標語コンテスト実行委員会)に協賛しています。このコンテストは、いじめ防止に向け、児童や生徒一人ひとりがいじめについて考える機会を創出し、児童・生徒や関係者が夢や希望をもって笑顔あふれる学校づくりを推進することへの貢献を目的としています。

毎年「いじめ防止」をテーマにした標語を全国の小中学校から募り、約50万作品の応募標語の中から入賞作品を選考し、発表しています。

コンテストの詳細は、オフィシャルサイトをご参照ください。

http://ijime-boushi.com/

自閉症、発達障がいの啓発に関する活動

世界自閉症啓発デー・発達障害啓発週間

AIGジャパングループでは、2013年から国連の定める世界自閉症啓発デーである4月2日に、グループ全体で自閉症や発達障がいへの理解を深める啓発活動に取り組んでいます。

当日には、自閉症啓発のテーマカラーと、AIGのコーポレートカラーが共に青色でもあることから、社員が青色の衣装を着用し、オフィスを青色に装飾するなどとともに、社内を対象にしたセミナーを開催し自閉症や発達障がいに関する理解を深めています。

事業拠点を置く各地域の自閉症や発達障がいの相互支援等を目的とした団体等と連携して、各地のブルーライトアップ・イベントをはじめ地域の啓発活動などにAIGジャパングループ社員がボランティアとして参加しています。

AIGグループに複数存在する社員有志グループ(ERG: Employee Resource Group)の1つであるディスアビリティERG(disAbility&Allies ERG)が中心となり、地域の特別支援学校の行事運営をサポートするなどのボランティア活動を実施しています。

社員が着用しているAIG Tシャツ

AIGジャパングループでは、社員がボランティア活動やスポーツイベントにAIG Tシャツを着用して参加しています。このAIGオリジナル Tシャツは、長崎県在住の自閉症当事者である前田準太さんによるデザインをもとに製作し、「異なった個性・能力・考え方を持つ人たちが活躍する魅力的な社会」というメッセージが込められています。