大企業・中堅企業セグメント保険部門 
アンダーライター
小熊 葉澄

MY BUSINESS

社会のために、
専門性を活かす。

社会のためになる仕事をしたい、専門的な知識を備えたプロフェッショナルとして、さまざまな企業と関わりたい。自らの想いを実現するために、私は世界の保険業界のリーダーとして多くの国でサービスを提供しているAIGを選び、アンダーライターとして働くことになりました。

保険の契約時に引き受けできるかどうかを判断する。どのような条件・金額・保険料率リスクを、どのような保険条件で引き受けるかを決める。それが、アンダーライターの仕事です。その中で私は、企業の財物保険の引受業務を担当しています。お客さまがビジネスを行う上で生じるさまざまなリスクのマネジメントを支援するために、火災・落雷・爆発といった事故をはじめ、台風・洪水・地震などの自然災害による損害や利益損失などのリスクに備える保険を提供しています。

この仕事の醍醐味は、顕在化していないリスクも含め、企業の複雑なリスクを、プロの視点で見極めること。リスクは企業ごとにさまざまであり、昨今のコロナ禍に代表されるようにここ数年急激に日本各地で相次ぐ自然災害のように突発的な変化も生じます。多様なお客さまのリスクや劇的な変化に柔軟に向き合い、その上で保険を成立させる条件を決め、わかりやすく論理的に伝え、合意点を見いだしていく。自らの専門性を活かし、お客さまの役に立てたときには、確かなやりがいを感じることができています。

MY CHALLENGE

一つひとつの要望に
泥臭く、真摯に向き合う。

教育業を営む外資系のお客さまの保険見直しは、私のキャリアにおいて、とくに印象的な案件でした。既に加入していた保険会社が日本を撤退することになったため、見直しのコンペティションが実施されることになったのです。

お客さまは専属の保険コンサルタントを手配されていて、現行契約に関する改善点や要望が数多く寄せられました。その要望は、海外の証券などではよく見られるものであったものの、日本では一般的でなく、特約などの対応が必要な複雑なもの。さらには、お客さまの予算も限られていたため、リスクを見極めた上で、お客さまの要望をどこまで満たすプランを出せるかが大きなポイントになっていました。

そこで、私が心がけたのは、一つひとつの要望や指摘に丁寧に向き合い、その実現に向けて吟味していったことでした。AIGグループが誇る海外の知見や、日本のチームメンバーの意見を聞きながら、国内でどのように対応できるかを確認。何度も細かい調整を繰り返しながら、見積とプランを提出したのです。結果、他社の方が安価であったにもかかわらず、新たな契約はAIGへ。「真摯に丁寧に対応し、一番要望を叶えてくれたから」という選定理由を聞いた時の喜びは今も忘れることができません。

MESSAGE

お客さまを取り巻くリスクは日々変化しています。だからこそ、これまでの考え方を変え、前例にない対応も必要となります。グローバルな知見を備え、経験豊富なメンバーが揃っていることはAIGの大きなアドバンテージ。アンダーライターとして学び続け、大きく成長できる環境が整っていると思います。

  • プロフィール

    2016年入社。経済学部出身。コーポレート財物保険部コーポレート財物保険課に配属され、アンダーライティング業務に携わる。企業の財物保険を主に担当し、さまざまな顧客と向き合い続けている。

  • プライベート

    プロフィール画像

    夫婦で旅行をしたり、美味しいお店を巡ったりするのが休日の楽しみです。一番好きな旅行先は京都。神社仏閣や街並みに癒されています。建物がつくられた由来などを見ていると、時代を超えても変わらない「人の想い」を感じることができるんです。

一日の仕事の流れ

9:00
業務開始
メールチェック、タスク確認
10:00
見積もり作業
11:00
担当案件について上長照会の準備
12:00
昼休み
13:00
チームミーティング
各担当者の進捗共有
14:00
見積もり作業
15:00
プロジェクトミーティング
ライン横断プロジェクトで Property ラインについての現状共有
16:00
営業担当と案件についての打ち合わせ
17:00
見積もり作業
19:00
業務終了